退職

【仕事を辞める決断ができない人必見】退職に向けてすべきこと6選!

2022年6月22日

仕事を辞める決断ができないんだけどどうすれば良い?退職に向けてすべきことを教えて!

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 仕事を辞める決断ができない理由3選
  • 退職に向けてすべきこと6選

本記事の信頼性

  • 実際に退職を何度も経験した筆者の実体験を元に執筆していること

今回は、仕事を辞める決断ができない理由と退職に向けてすべきことについてご紹介していきます。

退職するかどうか決めるのって本当に苦痛ですよね?

実際僕も初めて退職を考えだした当時は、退職したい強い思いと今後の人生の不安の気持ちに挟まれほとんど眠れなくなりました。

ですが本記事の内容を理解し実践することにより退職を決断し、今では当時では考えられないほど明るい人生を送ることができています。

あなたも内容を理解して真似することで、退職すべきかの判断と退職に至るノウハウを知ることができます。

3分で読めるので仕事を辞めるかどうか悩んでいる方は、最後まで読んでみてください。

仕事を辞める決断ができない理由3選

仕事を辞める決断ができない理由は、下記の通りです。

  • 退職後の転職の不安
  • 退職は悪いことだという先入観
  • 退職後の経済面の心配

なぜ上記3つにより退職が決断できなくなるかというと、どれも現代社会を生きる我々にとっては重要なことであり、不安をあおるものだからです。

ここからはそれぞれの項目に分けて、具体的に解説していきます。

退職後の転職の不安

退職後の転職の不安があると、退職を決断することは難しいです。

なぜなら現代社会において一度レールから外れた場合、転職に成功する確率は非常に低いと言われており、この恐怖からあなたは退職を決断できないからです。

ですがはっきり言ってこの考え方は間違いです。実は退職後に転職することは難しいことではありません。

実際僕自身も退職後に転職を何度も成功させていますし、転職を成功に導いてくれる制度も数多くあります。

しかし一度も退職を経験したことない人間は、一度でも退職してしまえば、二度と転職出来ないという間違った神話を話し続けます。

その結果あなた自身に漠然とした転職への不安が押し付けられ、退職を決断できないです。

だからこそ今一度ここで、退職後でも気軽に転職を成功させることができるいうことを覚えていて下さい。

もちろん後ほどの章で、転職を楽に成功させる方法についても解説します。

退職は悪いことだという先入観

退職は悪いことだという先入観があるせいで、あなたは退職を決断できないです。

なぜこのような先入観があるかというと、数年前までは会社は定年退職まで勤め上げるのが当然とされていたからです。

成長の時代は年功序列が当然とされ、長く勤めれば務める程給料も右肩上がりで増え続ける為、退職することが悪でした。

しかし時代は変わり今では給料が右肩上がりで増え続けることもなくなり、退職しない恩恵はほとんどなくなりました。

にもかかわらず現代でも退職は悪だという考え方が主とされている要因は、間違いなく退職されない方が経営者側のメリットが大きいからです。

経営者という観点からすると、長く勤めて貰えれば貰えるほど仕事をうまくこなしてもらえるようになるので、仕事をすぐに辞められては困ります。

しかし仕事を辞められない為に払うべき給与が払える程経済が成長しなくなった為、繋ぎとめる為に、仕事を辞める奴は悪だという先入観を植え付ける方法を取ったのです。

ここまで長々と話してきましたが改めてまとめると、退職は悪いことだという先入観は社会が勝手に作り出したものであり、あなたにとって悪い判断かは全く関係ないということです。

だからこそあなたにとって退職が悪い判断になるかどうかをしっかりと考えながら、決断を下して下さい。

退職後の経済面の心配

仕事を辞める決断をする上で最も重要な要因は、退職後の経済面の心配だと思います。

なぜなら退職後に経済面の心配がなければ、誰もが即日退職するからです。

経済面に余裕があれば、わざわざ働いたりしませんよね(笑)

例えば極端な例ですが、あなたが今宝くじに当たって3億円持っていたとします。

この状況下ならば、こんな記事を読むことなく即仕事を辞める決断ができるはずです。

それほどまでに経済面の心配は重要な要素を担っています。

しかし現実は宝くじに当たりませんし、退職を決断する為だけに、そこまで多くの大金を得る必要もありません。

少しでも経済面の心配を減らす方法を知ることができれば、案外簡単に退職を決断できます。

だからこそここでは、経済面の心配を減らすことが重要になるということだけ覚えていて下さい。

後程の章で、経済面の不安を減らす方法についてお話します。

退職に向けてすべきこと6選

退職に向けてすべきことは、下記の6つです。

  • 明日から会社に行かないを可能にする手段を知る
  • 退職を伝えるときの心構えを知る
  • 空白期間に対する間違った考えをなくす
  • 無職になったらやるべき手続きを知る
  • 転職を楽に成功させる方法を知る
  • 転職以外の選択肢があることを知る

なぜ上記5つを退職に向けて進めなければならないかというと、退職において必ず乗り越えるべき要素だからです。

ここからはそれぞれに分け具体的に解説していきます。

明日から会社に行かないを可能にする手段を知る

これから退職に向けてすべきことを順に解説していく上で、まず初めに明日から会社に行かないを可能にする手段について知っておいて下さい。

なぜ最初に即日退職できる方法についてお話するかというと、今すぐにでも会社を辞めたいほど苦しんでいる人には何よりも先に知るべき重要な項目だからです。

はっきり言ってこの項目以降の項目は、これからしっかりと準備をして退職を進めていきたい人向けの項目です。

実際僕自身もブラック企業で働いた経験があるのですが、ブラック企業で働いている人間が何より最優先で取るべき行動は、即日会社に行かないという選択肢だと確信しています。

日々の生活が苦しいのに、今後の生活の準備を悠長に進める余裕なんてありませんし、あなたが仕事を辞めたいという気持ちは何も間違っていないです。

だからこそまずは下記を参考に、明日から会社に行かないという選択を取れるということを何より先に知って下さい。

今すぐ退職を決断できなくても、即日退職する方法を知っているだけで安心感はかなり上がります。

退職を伝えるときの心構えを知る

続いて退職に向けてするべきことは、退職を伝えるときの心構えを知ることです。

なぜ退職を伝える心構えが必要になるかというと、きっと策なしでは退職を伝える勇気が出ないからです。

もうすこし具体的にいうと、退職伝えるのってかなり怖いから、先に退職を伝える上で重要なことを知っていてねということです。

実際僕自身初めて退職を伝えるときは、かなりの恐怖感があり何日間もどう伝えるか悩みました、、(笑)

だからこそあなたももし退職を伝えることに恐怖を覚えているならば、下記を参考に先に退職を伝えるときの心構えを知っておいてください。

加えて退職を伝えた後の気まずい期間を乗り越える方法を知りたい方は、下記をチェックしてみて下さい。

空白期間に対する間違った考えをなくす

続いて退職に向けてするべきことは、空白期間に対する間違った考えをなくすことです。

なぜ空白期間に対する間違った考えをなくす必要があるのかというと、ゆがんだ先入観さえなくすことができれば退職することが今後全く怖くなくなるからです。

今あなたは退職後の空白期間がダメとされる理由について何も知らないせいで、漠然と大きな不安を感じています。

何なら一度でも空白期間を作ることで、今後二度と就職できないと考えている人さえいると思います。

この間違った考えを引き起こす要因は、空白期間がダメとされる理由と打開策を知らないからです。

実際一度でも空白期間を体験し、転職に成功した僕はこんな考えをすることは二度とないです。

だからこそ下記を参考に空白期間がダメとされる理由と、打開策について今のうちに知っておいてください。

無職になったらやるべき手続きを知る

空白期間に対する間違いを失くしたところで、無職になったら必要になる手続きについても知っておいてください。

なぜ手続きについて知る必要があるかというと、漠然と無職になったら何かしなければいけないのかな程度の考えではより一層無職になることへの不安を大きくするからです。

例えば仕事を辞めてしまったら年金や健康保険はどうなるのとか、住民税や所得税の扱いは?とかです。

このあたりの少し難しい知識って人生において重要な役割を果たす割に、なかなか理解するのは難しいですよね、、

だからこそ下記を参考に、無職になったらするべきことを早い段階で理解しておいてください。

転職を楽に成功させる方法を知る

つづいて退職に向けてすべきことは、転職を楽に成功させる方法を知ることです。

なぜなら転職を楽に成功させるコツさえ理解しておけば、退職に対して悩む必要がなくなるからです。

実際僕自身何度か退職を経験していく中で気付いたのですが、転職を楽に成功させる方法さえ知っていれば、退職を恐れる必要が全くないことに気付きました。

退職後の不安であげた経済面の心配とか空白期間の恐れとか、結局すぐに転職さえできればなんも関係ないです。

だからこそ今一度ここであなたも、下記を参考に転職を楽に成功させる方法を覚えていって下さい。

正社員での転職を楽に実現させたい方はこちらをクリック!

転職以外の選択肢があることを知る

最後にご紹介する退職に向けてすべきことは、転職以外の選択肢もあるということです。

なぜ転職以外の選択についてお話するかというと、今すぐに転職することを考えられないほどあなたの心が疲れている可能性があると思ったからです。

実際僕自身もなんですが、退職後すぐに転職を考えるって苦しくないですか?

もちろん先程までお話した通り、転職する手段はいくらでもあるし、手順通りに進めればすぐに社会復帰もできると思います。

ですがせっかくの退職期間、転職以外の選択肢とかも考えておいた方が良いですよ。

すぐ転職することだけにとらわれると、再度退職したくなるような企業に入社する可能性が上がります。

今の現実から抜けだす為に、今よりもっと悪い職場に行っては意味がありません。

だからこそ今一度ここで落ち着いて、転職以外の選択肢を知ることで心に余裕を生み、最悪の状況を回避できるようにしてみて下さい。

事実僕は転職以外の選択肢を知っていたおかげで、転職にも成功しましたし全く新しい人生を送ることもできました。

転職以外の選択肢を知りたい方はこちらをクリック!

まとめ

最後に今あなたは、仕事を辞める決断ができない理由と退職に向けてすべきことについて知りました。

ですが実際にあなたが仕事を辞めることができるかは、これからのあなたの行動次第です。

なぜなら結局のところいくら優れたノウハウを知っていても、最初の一歩を踏み出す努力だけはあなた自身で行うしかないからです。

実際僕自身も初めて退職を決断する際は、非常に緊張したのを覚えています。

退職したら人生が終わってしまうんじゃないのか、本当に自分の判断は正しいのとか考えだしたらキリがありませんでした、、

さらに僕が初めて退職した当時は、この記事みたいに退職に対するノウハウを細かく解説している記事はありませんでした。

ですが全く進め方が分からない中で手探りで進めたのにもかかわらず、退職を一度も後悔した瞬間はありませんでした。

その理由は、最初に勤めていた企業で働き続ける以上に苦しい瞬間がなかったせいです。

この経験から言えることは、退職という決断を下したところで、仕事を毎日辞めたいと思っているあなたが、今以上に苦しい生活を送るということは間違いなくないということです。

加えてあなたは退職を手探りで進める必要もないです。退職後に転職を成功させる方法もノウハウも過去の僕の屍を超えるだけです。

そんな恵まれた状況だからこそ少しの勇気をもって、人生を変える一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

実際僕が退職を進める中で見つけ出したノウハウの全てを下記の記事に記しているので、あとは僕の真似して人生を好転させて下さい!(笑)

正社員での転職を楽に実現させたい方はこちらをクリック!

以上になります。今後とも、当ブログ(Futsuo Blog)をよろしくお願い致します。

  • この記事を書いた人

Futsuo

ニートから一念発起し、複数回の転職(東証一部上場企業含む),投資家,起業家を経験、20代にして1,000万円以上の資産を築いた筆者が、過去の自分と同じように思い悩む人に向けて、ニートでもできる人生逆転のノウハウを発信しています。【資格】証券外務員 日商簿記 FP技能士 メンタルヘルスマネジメント

-退職