退職

【退職を伝えた後の気まずい期間を乗り越える方法5選!】超重要!

2023年1月13日

退職を伝えた後は気まずい?気まずい期間を乗り越える方法を教えて!

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 退職を伝えた後は気まずい?
  • 気まずい期間を乗り越える方法5選

本記事の信頼性

  • 実際に退職を何度も経験した筆者の実体験を元に執筆していること

今回は、退職を伝えた後は気まずいのかと気まずい期間を乗り越える方法についてご紹介していきます。

退職を伝えた後に気まずくなるかどうかってかなり気になりますよね?

実際僕も初めて退職を考えた時に特に気になったのが、退職までの期間の空気感です。

ただでさえ会社に行くのも嫌なのに、さらに気まずくなるなんて最悪ですよね、、

しかし気持ちとは裏腹に退職を切り出すまでは中々空気感は分からないのが現状です。

ですが本記事の内容を理解し実践することにより、気まずい期間を乗り越える方法を知ることができた為、円満に退職することができました。

あなたも内容を理解して真似することで、ストレスなく退職する方法を知ることができます。

3分で読めるので退職について悩んでいる方は、最後まで読んでみてください。

退職を伝えた後は気まずい?

まず初めに退職を伝えた後は気まずい?かどうかについて回答していきたいと思います。

いきなり結論からいいますと、退職を伝えた後の期間は間違いなく気まずいです、、

なぜ気まずくなるかというと、下記二つの理由があるからです。

  • 上司や同僚からもう仲間ではないと思われるから
  • 退職の後ろめたさから以前のように話せなくなるから

ここからはそれぞれの項目に分け具体的に解説していきます。

上司や同僚からもう仲間ではないと思われるから

退職を伝えた時点で、上司や同僚の性格によってはあなたに対する態度が急変し、かなり気まずくなります。

なぜ上記の様な対応をする人がいるかというと、今までは会社を大きくするという共通の目的の元、あなたと接していたのですが、退職を伝えた時点であなたに対する興味を完全に失うからです。

例えば上司だとあなたを指導するのは、会社が成長し自分に利益をもたらす為です。

同僚も同じ目標に向かっていると思っていたから、切磋琢磨し愚痴をこぼし合います。

ですがどちらも退職を伝えた時点で少なくとも今までの関係は崩れます。

ですので上司や同僚の性格によってはあなたに対する態度が急変し、かなり気まずくなります。

退職の後ろめたさから以前のように話せなくなるから

続いて気まずくなる理由は、あなた自身が退職の後ろめたさから以前のように話せなくなるからです。

なぜ退職に後ろめたさを感じるかというと、切磋琢磨した同僚や最低限教育を担当してくれた人がいるからです。

実際僕も退職する会社によっては、かなり申し訳なさを感じ、自分自身で気まずさを増幅させていました。

その人たちに感謝していればいる程、全く違う道を選んだ自分に対して、少しは後ろめたさを感じますよね、、

逆にブラック企業などに勤めていて会社に何の恩もなければ、気まずさを感じることはないです。

最後にここまでを改めてまとめると、あなたの会社への恩義によっては、かなりの気まずさを自分自身で作り出すことになります。

気まずい期間を乗り越える方法5選

気まずい期間を乗り越える方法は、下記の通りです。

  • 会社や仕事、同僚の悪口は言わない
  • 引継ぎを早めに終わらせる
  • 周りの目を気にしない
  • 退職を代行に任せる
  • 転職活動は終わらせておく

なぜ上記5つの対策をおすすめするのかというと、これら5つの対策が完璧にできていれば、間違いなく気まずさを感じることなく退職することができるからです。

ここからはそれぞれの項目に分け具体的に解説していきます。

会社や仕事、同僚の悪口は言わない

退職を伝えた後は、絶対に会社や仕事、同僚の悪口は言わないで下さい。

なぜ上記をあえて最初に注意するかというと、いままでは同僚たちと上司の悪口を言うことは許されていたかもしれません。

ですが会社を辞めて共通の悩みから解放されるとわかっている相手から聞く愚痴はかなりムカつくものに変わってしまいます。

どれだけ仲の良かった同僚だったとしても、会社を辞めるという時点で関係は少なからず変わります。

だからこそ退職を伝えた後は、どんな相手でも会社や仕事、同僚の悪口は言わないように気を付けて下さい。

引継ぎを早めに終わらせる

続いて引継ぎを早めに終わらせて下さい。

なぜ早めに終わらせなければいけないかというと、退職ぎりぎりに引継ぎを終わらせようとすると、同僚たちが退職するからさぼっているんじゃないのかと勘繰りだすからです。

正直退職を伝えた後って、自分で分かっていなくてもやる気は著しく下がっています。

そんな前提条件がある中で、さらに自らさぼるという選択を取ると、周りからは目に見えてやる気がないように見えます。

ですがどうせ辞める会社の仕事なんてどうでもよいので、さぼりたい気持ちも非常に理解できます。

だからこそ引継ぎ作業だけは早めに終わらせて堂々とさぼって下さい。

周りの目を気にしない

続いてご紹介する対策は、周りの目を気にしないことです。

なぜ周りの目を気にしないことをおすすめするかというと、はっきり言って文句を言う人は文句を言うからです。

実際僕の経験として伝えたいことは、一度も退職したことがない人は間違いなく退職する人間を憎みます。

自分自身では一度も選択できなかった道って少なからず妬みがありますからね、、

そんな人たちにも退職を理解して貰い、円満に退職しようとするとかえって疲れちゃいます。

だからこそ一部の絶対に文句をいう人たちのことは気にしないことをおすすめします。

退職を代行に任せる

続いてご紹介する方法が退職を代行に任せる方法です。

何度も退職を経験した僕は圧倒的にこちらの方法をおすすめします。

ではなぜこちらを特におすすめするのかというと、間違いなく金額以上のメリットがあるからです。

まず退職代行と一度話さえすれば、もう会社の人間と二度と話す機会がないというのはとても素晴らしいことです。

退職をまだ経験したことがない人にとっては、想像しがたいと思いますが、退職を伝えた後の上司の高圧的な態度、同僚たちの冷めた目は非常に苦しいです。

仮に有給が承認されて荷物を受け取りに行くだけとなっても少なからず確実に嫌がらせを受けます。

そんな人生で味わいたくない苦痛ランキングに入るイベントを、スキップできるのって非常に有難いですよね。

加えて散々費用面が唯一のデメリットと話してきましたが、退職代行を利用することで有給をスムーズに取得できたから、最後の給料が増えたなんて結果になる可能性も全然あります。実際僕も増えました(笑)

だからこそ今まで話してきたようなストレスを受けることなく退職したいと思う方は、退職を代行することも検討してみてはいかがでしょうか?

少しでも退職代行サービスに興味があるならこちらをクリック!

転職活動は終わらせておく

最後におすすめする対策は、転職活動は終わらせておくことです。

なぜ転職活動を終わらせておけば気まずさを軽減できるのかというと、次の仕事さえ決まっていれば今の同僚の悪口なんてどうでもよくなるからです。

はっきり言って多かれ少なかれ退職を伝えた時点で何らかのストレスは受けます。

今までご紹介した対策を取っていれば、限りなくストレスをゼロに近づけることはできますが、今後の不安というストレスだけは転職先が決まっていないとどうしようもありません。

なぜこんな話を最後にするかというと、僕自身が次の転職先が決まる前に退職を経験したことがあるからです。

間違いなく同僚たちは次の転職先について聞いてきます。

ステップアップしたのか、何が原因で辞めたのか、自分にとってもメリットがあることを聞きたいからです。

そんな状況で転職先が決まっていないこと堂々と話すと噂の餌食になる為、適当にはぐらかす必要があります。

この作業がなかなかのストレスになる為、さっさと転職先を決めてしまうのが無難です。

だからこそもし今あなたに余裕があるならば、下記を参考に転職活動を終わらせておくことをおすすめします。

正社員での転職を楽に実現させたい方はこちらをクリック!

もちろんブラック企業に勤務していると、転職活動を行いながら退職を進めるのは至難の業です。

そんな状況にあなたが今置かれているならばさっさと退職を進めてから転職活動を進めるのがおすすめです。

まとめ

最後に今あなたは、退職を伝えた後は気まずいのかと気まずい期間を乗り越える方法を知りました。

ですが実際にあなたが円満に退職することができるかは、これからのあなたの行動次第です。

なぜなら結局のところいくら気まずい期間を乗り越える方法を知っていても、最後はあなた自身で一つずつ対策を実行していくしかないからです。

実際このことに気が付いた僕は、一歩ずつ着実に退職を進めました。

その結果気づけば退職というものにも着実に慣れ、何度もキャリアアップの転職を成功させ、今では自由な生活を満喫することができています。

確かに初めて退職するときは進め方が分からず、不安がかなり大きいです。

しかし人生において退職というものはステップアップに確実に必要ですし、数をこなせば慣れることもできるので、できるだけ早く経験した方が後の人生を豊かにします。

もちろんストレスはできる限り少ない方が良いので、退職を代行するのも一つの手です。

そんな背景があるからこそあなたも下記を参考に、ストレスのない退職を進めてみてはいかがでしょうか?

実際に僕が退職時に利用したノウハウの全てを下記の記事に記しているので、一緒に明るい未来を勝ち取りましょう!

少しでも退職代行サービスに興味があるならこちらをクリック!

加えて転職先が決まっていない人は、下記を参考にしてみて下さい。

正社員での転職を楽に実現させたい方はこちらをクリック!

以上になります。今後とも、当ブログ(Futsuo Blog)をよろしくお願い致します。

  • この記事を書いた人

Futsuo

ニートから一念発起し、複数回の転職(東証一部上場企業含む),投資家,起業家を経験、20代にして1,000万円以上の資産を築いた筆者が、過去の自分と同じように思い悩む人に向けて、ニートでもできる人生逆転のノウハウを発信しています。【資格】証券外務員 日商簿記 FP技能士 メンタルヘルスマネジメント

-退職