退職

【空白期間はなぜダメなのか?】転職で不利になる理由と打開策を解説

2022年9月19日

空白期間が転職で不利になる理由ってなに?転職を成功させる打開策を教えて!

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 空白期間が転職で不利になる理由
  • 転職を成功させる打開策

本記事の信頼性

  • 元ニートの筆者の実体験を元に執筆していること。

今回は、空白期間が転職で不利になる理由と転職を成功させる打開策についてご紹介していきます。

空白期間って何となくダメだとされているけど、明確にダメな理由って説明できませんよね?

実際僕も空白期間を経験した後転職活動をするも上手くいかず、なぜこんなに転職において空白期間が悪いものとされるのかと深く悩んだ過去があります。

ですが本記事の内容を理解し実践することにより、空白期間が転職で不利になる本当の意味を把握し、楽に転職を成功させることができました

あなたも内容を理解して真似することで、転職を上手く成功させることができます。

3分で読めるので転職について悩んでいる方は、最後まで読んでみてください。

空白期間が転職で不利になる理由

空白期間が転職において不利になる理由は、空白期間の多い転職志望者に対してよく下記3つの特徴が表れるからです。

  • 自己理解のなさ
  • 根性のなさ
  • 協調性のなさ

なぜ周りの人間と比べて上記3つの特徴が転職志望者に多いかと言うと、空白期間はこれらの要素によって生まれやすいからです。

逆にいえばこの部分さえ対策できれば、楽に転職を成功させることができます。

ここからはそれぞれに分け具体的に解説していきます。

自己理解のなさ

まず初めに空白期間が多い転職志望者によくみられる特徴が、自己理解のなさです。

なぜ上記特徴がよく見られるかというと、空白期間を引き起こす理由の多くは、本当にやりたいことがわからないせいだからです。

例えば就職してみたけれど自分がやりたいことと異なっていたから仕事を辞めたというのは、一見外部が要因のように感じますが実際は自己理解のなさが要因です。

就職する前に妥協することなくしっかりと自分自身のやりたい目標を突き詰めていれば、すぐにやりたいことができなくても、将来の目標の為だと我慢できたはずです。

ここで人によっては最初から働きたくないと考えていたし、目標のあるなしなんて関係ないだろうと考えた人もいると思います。

ですがそれも実は自己理解の低さがもたらす考えです。

この世界には本当に数多くの仕事や働き方があります。

仕事の一面だけ捉えて、全ての仕事を否定的に考えることは非常にもったいないです。

自分がなぜ働きたくないのか、仕事を否定的に考える理由は何かを突き詰めて下さい。

人間関係が嫌なら人と関わりが少ない仕事、営業が嫌なら事務にするなど考えるべきことは多いです。

この作業をこなして初めて自分を理解できます。

そしてその結果面接において目標を語ることができるようになり、転職が上手くいくようになります。

根性のなさ

空白期間があると勝手に根性がないと判断されることが、空白期間を作るとダメな理由です。

なぜ空白期間があることで根性がないと判断されるかというと、イメージだけで身勝手に仕事を辞めたと判断されるからです。

この決めつけはかなり厳しい現実で、もしあなたが元々ブラック企業に勤めており、そのせいで病気になり仕事を辞めていたとしても、面接先の企業は何の配慮もしてくれません。

結局のところどれだけ過去にあなたが苦労をしていても、面接という数分間であなたの辛さを理解はできないからです。

加えて辛さを理解できたとしても、面接においてのアピールは理解できずカウンセリングの時間となって終わりです。

面接において過去の苦労話を自分からした時点で、99%転職は上手くいきません。

だからこそ根性があると判断される為にも、過去の話は積極的にはせず、前向きな話に全てを持っていきましょう!

協調性のなさ

まず大前提として空白期間がある人間は、協調性がないと判断されます。

その上で協調性がない人間は、会社においてもっとも雇いたくない人間ということを知っておいてください。

なぜなら会社側の本心としては、ただ会社の方針に従って動き続ける人間が欲しくて面接をしているという背景があるからです。

より正確にいうと仕事を自己都合で退職することなく、文句ひとつ言わずただただ計画を達成し続ける人間のことです。

ですが現状あなたは空白期間があることで、間違いなく自分の意志が強い人間だと思われています。

仕事を辞めるのって続けるよりも自分の意志がいるので、、(笑)

そんなあなたが面接の場面で今後は会社の意見に従い、定年まで勤めるつもりですといっても正直嘘に聞こえます。

ですのであなたが行うべき打開策は、会社の方針と自分の考え方がどれだけ近いかということ熱弁することです。

上記を面接において意識して話せるようになれば、あなたに対して意思が強いだろうという先入観が強く作用して、一気に手に入れたい人材に見えます。

その結果、転職先の企業から引く手あまたの状態になります。

実際僕も転職活動時にこの部分を意識して話すようになってからは、あなたとぜひ一度一緒に仕事をしてみたいと頻繁に言われるようになりました。

転職を成功させる打開策

先程の章で空白期間がある人材は、意志が強い部分が長所であるというお話をしました。

そしてその上でこのままではたった一つ自己理解が低いことが原因で、目標なく彷徨う根性なしになるという解説もしました。

実はこれらの要素を一挙に解決して、転職を解決させるたった一つの打開策があります。

それはあなたに合ったエージェントを利用することです。

なぜエージェントを利用することが転職を成功させることに繋がるかというと、自己理解を実現させる為には理解のある他者との会話が非常に重要になるからです。

もう少し具体的にいうと、エージェントとは転職の道のプロです。

間違いなく我々よりも転職活動に詳しいです。

その前提がある中で例えば人とできる限り関わらない仕事がしたいと自分で考えているのと、エージェントに一言なんかいい仕事ない?と聞くのどちらが楽かは考えるまでもないです。

先程までさんざん自己理解は大切だといってきましたが、考えた欲望を叶える手段を人に押し付けるなとは言っていません。

事務の仕事がしたいからよいの見つけてよと人に頼むことは全然OKです(笑)楽しましょう!

実際僕自身もエージェントと会話しながら自己理解を深め、転職先を探す作業は丸投げしました。(笑)その結果楽しい人生を謳歌できています。

だからこそあなたも下記を参考にエージェントを利用しちゃって下さい。

実際僕が転職活動を進める中で見つけた転職サイトごとの特徴全てを下記の記事に記しているので、かなり楽できます!(笑)

正社員での転職を楽に実現させたい方はこちらをクリック!

まとめ

最後に今あなたは、空白期間が転職で不利になる理由と転職を成功させる打開策について知りました。

ですが実際にあなたが転職を成功させることができるかは、これからのあなたの行動次第です。

なぜなら結局のところいくら優れたノウハウを知っていても、最初の一歩を踏み出す努力だけはあなた自身で行うしかないからです。

実際僕自身も初めてエージェントを利用する際は、非常に緊張したのを覚えています。

説教されるのではないか、無駄足になるのではないか、様々な思惑が頭の中を駆け巡りました。実際はそんなこと起こらなかったんですけどね(笑)

ですがその時は勇気が必要だったのは本当ですし、最初の一歩を踏み出せた理由は、今の生活を変えたいという少しだけの意思でした。

僕自身は利用すべき転職サイトがいまいちわかっていなかったせいで、回り道もしました。

しかしあなたは違います。転職を成功させる道もノウハウも過去の僕の屍を超えるだけです。

そんな恵まれた状況だからこそ少しだけの勇気をもって、人生を変える一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

実際僕が転職活動を進める中で見つけた転職サイトごとの特徴全てを下記の記事に記しているので、あとは僕の真似をするだけです!(笑)

正社員での転職を楽に実現させたい方はこちらをクリック!

以上になります。今後とも、当ブログ(Futsuo Blog)をよろしくお願い致します。

  • この記事を書いた人

Futsuo

ニートから一念発起し、複数回の転職(東証一部上場企業含む),投資家,起業家を経験、20代にして1,000万円以上の資産を築いた筆者が、過去の自分と同じように思い悩む人に向けて、ニートでもできる人生逆転のノウハウを発信しています。【資格】証券外務員 日商簿記 FP技能士 メンタルヘルスマネジメント

-退職