転職ノウハウ

【仕事のおすすめの選び方とは】業務による違いと大事なことを紹介!

2022年7月23日

仕事のおすすめの選び方って?業務による違いは?仕事選びで大事なことを教えて!

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 仕事のおすすめの選び方
  • 仕事選びで大事なこと

本記事の信頼性

  • 複数回の就職、転職経験あり。
  • 商社にてIT系の営業兼企画担当 、IT系エンジニアの経歴など複数の業務を担当。

今回は、【仕事のおすすめの選び方とは】業務による違いと大事なことを紹介!についてご紹介していきます。

本当に数多くの仕事があるので、業務による違いと大事なことってよくわかりませんよね?

実際に僕も、様々な職種や業務を経験するまでは、違いについてよく分かりませんでした。

ですが本記事の内容を実践することにより、自分に適した仕事を選ぶことができるようになりました。

あなたも内容を理解して真似することで、あなたに合った仕事を理解することができます。

3分で読めるので、仕事について興味がある方は、最後まで読んでみてください。

仕事のおすすめの選び方

まずは、仕事のおすすめの選び方について解説していきます。

結論としては、自分自身にあった、下記2つの項目を決定することです。

  • 業界
  • 業種

なぜなら、業界、業種を決めることが、仕事を選ぶ上で大切だからです。

ここからは、業界、業務に分け、具体的に解説を行います。

業界

結論としては、自分自身の興味のある業界を知ることが大切です。

なぜなら、業界により取り扱う製品、サービスなどが大きく異なるからです。

具体的にいうと、全く興味のない業界に行くことは、永遠に興味のない製品、サービスに関わり続けることになります。

ですので、まずは些細な興味で構わないので、知っている業界を検索し興味を持てるかを考えて下さい。

ですが、そうはいっても、Futsuoも最初は業界を絞りきることができませんでした。

だからこそ、様々な業界と関わる事ができる商社という業界を選択しました。

具体的な内容について知りたい方は、下記の記事をチェックしてみてください。

上記を参考に、商社や、社会全体の業界に詳しくなってください。

業種

結論としては、下記7つの項目から自分自身が一番興味のあることを選んで下さい。

  • 営業
  • 企画
  • 技術
  • 経理
  • 法務
  • 人事
  • 総務

なぜなら、大半の企業は上記7つの部署に分かれているからです。

具体的にいうと、企業を運営する上で、必要となる業務は業界が異なってもある程度共通しています。

ですので、仕事をする上で、どの業務を行うかを選ぶことは重要となります。

この章をまとめると、自分自身にあった業界、業種を決定することから始めて下さい。

なお、業務の違いについては、次の章で解説しております。

営業

こちらの章では、営業について解説していきます。

結論から言いますと、下記の記事を参考に営業イメージをつけて下さい。

なぜなら、営業には営業にしかない、特徴とノウハウが存在するからです。

具体的な内容について知りたい方は、下記の記事をチェックしてみてください。

上記を参考にするだけで、営業のイメージがつかめます。

企画

続いての章は、企画について解説していきます。

企画については下記の記事から学んで下さい。

なぜなら、少ない文字数では企画職について語ることはできない為です。

具体的な内容について知りたい方は、下記の記事をチェックしてみてください。

上記記事を参考にすることで企画職の辛さから楽しさを知ることができます。

なお、経理、法務、人事、総務については、現在執筆中の為、完了まで少々お待ちください。

技術

続いての章は、技術について解説していきます。

技術に関しては、どれだけ興味があっても、知識がないと働くのは難しいです。

なぜなら、技術職は専門職と言われる仕事だからです。

実際に僕も一度は経験したいと思い、技術職になったこともあるのですが、なること自体が非常に難しかったです。

具体的な内容について知りたい方は、下記の記事をチェックしてみてください。

プログラミングスクールに少しでも興味がある方はこちらをクリック!

上記記事を参考にすることで技術職について知ることができます。

なお、経理、法務、人事、総務については、現在執筆中の為、完了まで少々お待ちください。

仕事選びで大事なこと

続いての章では、大事なことについて解説していきます。

結論から申しますと、業界、業務選びも大切ですが、先に軸を持つこと、自己分析を行うことが大切です。

なぜなら、自分自身を理解していない限り、あなたに適した業界、業務を選ぶことはできないからです。

具体的な内容について知りたい方は、下記の記事をチェックしてみてください。

この章をまとめると、業界、業務選びも大切ですが、先に自分自身の軸を持つこと、自己分析を行うことが大切です。

まとめ

最後に、自分自身に合った仕事を選ぶには、あなた自身で沢山の業界、業務と触れ合って下さい。

なぜなら、周りがどれだけ良いといった業界、業務でもあなたに適していないと意味がないからです。

具体的にいうと、まずは自分と向き合い、その後多くの業界、業務を知って下さい。

そうすることで、自分自身に適した仕事が見えてきます。

ですので様々な業界を知る為にも、下記を参考に転職サイトに登録することから始めてみてはいかがでしょうか?

正社員での転職を楽に実現させたい方はこちらをクリック!

少しでもアルバイトを始めたいと思ったらこちらをクリック!

プログラミングスクールに少しでも興味がある方はこちらをクリック!

以上になります。今後とも、当ブログ(Futsuo Blog)をよろしくお願い致します。

  • この記事を書いた人

Futsuo

ニートから一念発起し、複数回の転職(東証一部上場企業含む),投資家,起業家を経験、20代にして1,000万円以上の資産を築いた筆者が、過去の自分と同じように思い悩む人に向けて、ニートでもできる人生逆転のノウハウを発信しています。【資格】証券外務員 日商簿記 FP技能士 メンタルヘルスマネジメント

-転職ノウハウ