役に立つ資格

【証券外務員二種の勉強方法とは?】最短合格に導く5つの対策を紹介

2022年6月23日

証券外務員二種試験に最短合格する為に必要な勉強方法を教えて!

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 証券外務員二種試験に最短合格する為に必要な勉強方法5選

本記事の信頼性

  • 実際に1週間程度の勉強で証券外務員試験に合格した筆者の実体験であること。

今回は、証券外務員二種試験に最短合格する為に必要な勉強方法についてご紹介していきます。

証券外務員試験の勉強って何から手を付けたらよいのかよく分かりませんよね?

実際僕も証券外務員の資格を取ろうとした当初は、何から始めればよいのか全くわかりませんでした。

ですが本記事の内容を理解し実践することで、証券外務員試験に1週間で合格し、今では投資家として活動ができています。

あなたも内容を理解して真似することで、最短で外務員資格を得ることができます。

3分で読めるので資格取得に興味がある方は、最後まで読んでみてください。

証券外務員二種試験に最短合格する為に必要な勉強方法5選

証券外務員二種試験に最短合格する為に必要な勉強は、下記の通りです。

  • 外務員について正しく理解する
  • 試験の概要を知る
  • 試験の難易度が低いことを知る
  • 合格に必要な勉強時間を知る
  • 最短合格に必要な勉強法を実践する

なぜ上記5つの勉強をこなす必要があるのかというと、一見遠回りにさえ見える道ですが、これらをこなすことで間違いなく最短合格できるからです。

ここからはそれぞれに分けて具体的に解説していきます。

外務員について正しく理解する

最短合格したければ、まず下記を参考に外務員というものが何かを覚えて下さい。

  • 外務員とは、顧客に対して金融商品の販売・勧誘等を行う際に必要となる資格のことを言います。
  • 日本証券業協会に加入している証券会社や銀行等に所属している役職員は、顧客に対して金融商品の販売・勧誘等を行う際に、本資格が必要になります。

なぜ上記を覚えておく必要があるかというと、これらの項目は試験の本質を理解する為に必要になるからです。

例えば試験を受けた際に、顧客に対して商品の販売を行うという立場に立った問題が出題されます。

その際にどれだけたくさんの勉強をこなして試験対策が万全の状態だったとしても、顧客に対して商品の販売を行うという立場で問題に回答する必要があるという本質的な部分にずれがあれば、不合格になります。

それほどまでに重要な部分であるのに、これから証券会社に入社する人や、投資の勉強を始める人は、合格したい気持ちが先行して何のために受験するのかをおざなりにすることが多いです。

だからこそあなたはここで明確に外務員とは何かということを覚えておいて下さい。

試験の概要を知る

つづいては、下記を参考に証券外務員二種試験の概要を知って下さい。

項目内容
受験資格誰でも受験可能
試験実施日 原則として、月曜から金曜日(祝日、年末年始を除く)
試験会場全国
試験時間120分
出題形式〇×方式、選択方式
合否判定基準300満点のうち210点(7割)以上で合格となります。

なぜ試験の概要を先に知る必要があるかというと、言うまでもありませんが、試験の概要を知ることは最短合格に直結するからです。

例えば上記の図を見て頂いて分かる通り今回の試験では、7割以上で合格になります。

加えて出題形式は、〇×方式、選択方式で構成されていることがわかります。

これらから読み取れることは、文章問題などの出題がない為、一つ一つの答えを細部まで理解するというよりは、一問一答方式で数多くの問題に触れる勉強法の方が圧倒的に合格する確率が上がるということです。

この様に試験の概要を把握していることで、外務員試験に最短で合格する為の戦略が大きく定まります。

だからこそここであなたも、証券外務員試験の概要を覚えておいて下さい。

試験の難易度が低いことを知る

証券外務員二種試験の難易度はかなり低いです。

試験の難易度を知っておくだけで、かなり気楽に受験ができるようになります。

なぜ難易度が低いと断言できるかというと、年平均6~7割前後の方が合格しており、ここまでの合格率を誇る試験は珍しいからです。

例えばよくコスパの良い資格として取得される日商簿記ですら、4~5割前後の合格率の試験が多いです。

日商簿記などは受験可能な日数が年に数回しかない為、受験者にかなりの熱量があります。

しかし証券外務員試験は誰でも毎週受験可能なことを理由に、実はほとんど勉強していない人も数多くいます。

にもかかわらずかなり高い合格率を誇っているので、勉強方法さえ間違えなければ、簡単に合格できるということを理解して貰えると思います。

だからこそ証券外務員二種試験の難易度は、かなり低いと断言できます。

合格に必要な勉強時間を知る

合格に必要な勉強時間は一週間です。

合格に必要な時間を知っておけば無駄な労力を使うことを避けられます。

なぜ一週間で合格できるかというと、出題科目がかなり狭い為、勉強時間をほとんど必要としないからです。

具体的な出題科目としては、下記3項目です。

  • 法令
  • 諸規則
  • 商品業務関連項目

上記を見て頂いて分かる通り内容自体は身近なものではないものの、出題科目が非常に少ない関係で、テキスト一冊で内容が網羅できます。

実際僕が使用したテキストは一冊(300ページ程度)で、読み切るのにかかった時間は1日でした。

逆にいえば何冊もテキストを読むような勉強方法は、試験の難易度からしても労力の無駄なので、1週間以上時間をかけない方が良いです。

そういった背景から、合格に必要な勉強時間の目安は1週間と断言します

最短合格に必要な勉強法を実践する

最短合格に必要な勉強法は、下記の二つです。

なぜ上記2つが最短合格に必須かというと、外務員試験の概要でも話した通り出題形式が〇×方式、選択方式である関係上、最短で試験に合格する為に特に必要なことは、質の良い問題に数多く触れていることだからです。

この様な前提条件がある中で上記テキストをおすすめする理由一番の理由は、試験対策書として数年間売上NO.1の実績があるからです。

実際僕自身もこの情報を基に上記テキストを利用したのですが、前評判通り一週間で楽に合格することができました。

加えてほとんど満点で合格しているので、逆にいえば上記に書いてあること以外を勉強する意味はほとんどないと思います。

だからこそあなたにとっても、最短合格に必要な勉強法は、下記の二つと断言できます。

まとめ

最後に今あなたは、証券外務員二種試験に最短合格する為に必要な勉強方法を知りました。

ですが実際にあなたが試験に最短合格できるかは、これからのあなたの行動次第です。

なぜなら結局のところいくら優れた勉強方法を知っていても、最後はあなた自身で勉強を進めていくしかないからです。

はっきり言って勉強方法だけ見て満足していても、絶対に合格できないです。

このことに気が付いた僕は、あなたよりも少しだけ先に証券外務員の勉強を始めました。

その結果たった一週間で試験に合格し、今では投資家としても活動するまでに至りました。

確かに勉強することはめんどくさいことです。

実際僕自身何から勉強を始めればよいのか分からない中、手探りで勉強を進めた為、あなたの気持ちは非常に良く分かります。

しかし一つだけ僕とあなたの違いを言うとすると、あなたは僕の経験を元に楽に合格する方法を知っているということです。

そんな背景があるからこそあなたも今すぐ下記を参考に、証券外務員の勉強を始めてみてはいかがでしょうか?

実際に僕が最短合格した手順の全てが下記に詰まっているので、一緒に明るい未来を勝ち取りましょう!

ちなみに証券外務員試験の勉強を今後投資に活かしてみたいという方は、下記も参考にしてみて下さい。

投資に少しでも興味を持ったらこちらをクリック!

以上になります。今後とも、当ブログ(Futsuo Blog)をよろしくお願い致します。

  • この記事を書いた人

Futsuo

ニートから一念発起し、複数回の転職(東証一部上場企業含む),投資家,起業家を経験、20代にして1,000万円以上の資産を築いた筆者が、過去の自分と同じように思い悩む人に向けて、ニートでもできる人生逆転のノウハウを発信しています。【資格】証券外務員 日商簿記 FP技能士 メンタルヘルスマネジメント

-役に立つ資格