心理資格

【メンタルヘルスマネジメント検定3種】独学で合格する為の対策5選

2022年6月24日

メンタルヘルスマネジメント検定3種に独学で合格する為の5つの対策を教えて!

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • メンタルヘルスマネジメント検定3種に独学で合格する為の5つの対策

本記事の信頼性

  • 実際に10時間程度の独学でメンタルヘルスマネジメント検定3種に合格した筆者の実体験であること。

今回は、【メンタルヘルスマネジメント検定3種】独学で合格する為の対策5選についてご紹介していきます。

メンタルヘルスマネジメント検定に独学で合格する為に必要なことってよくわかりませんよね?

実際に僕も受験を決意した当初は、何の対策から始めればよいのか全く分かりませんでした。

ですが本記事の内容を実践することで、10時間程度の独学で簡単に試験に合格することができました。

あなたも内容を理解して真似することで、楽に合格する為のノウハウを得ることができます。

3分で読めるので、メンタルヘルスマネジメントに興味がある方は最後まで読んでみてください。

メンタルヘルスマネジメント検定3種に独学で合格する為の5つの対策

メンタルヘルスマネジメント検定3種に独学で合格する為に必要な対策は、下記の5つです。

  • メンタルヘルスマネジメントについて正しく理解する
  • メンタルヘルスマネジメント検定3種の概要を知る
  • メンタルヘルスマネジメント検定3種の難易度を知る
  • 合格に必要な勉強時間の目安を知る
  • 独学で合格する為に必要な勉強法を知る

なぜ上記5つが必要かというと、これらを理解できていない限り、楽に独学で合格することはできないからです。

具体的な内容については、以後の章にて解説していきます。

ここでは、上記5つが楽に独学で合格する為に必要ということだけ覚えて下さい。

メンタルヘルスマネジメントについて正しく理解する

まずは下記を参考に、メンタルヘルスマネジメントについて正しく理解して下さい。

  • メンタルヘルスマネジメントとは、働く人のメンタルがマイナス方向に進まないよう職場環境の改善やストレス緩和をするなど、心の健康面におけるサポートを重要視すること。
  • 労働者が能力を発揮できる職場にするため、必要とされています。

なぜなら、メンタルヘルスマネジメントについて正しく理解することは、試験に合格する為の近道だからです。

具体的にいうと、試験勉強を続けるうちに試験に合格することだけが目標になって、メンタルヘルスマネジメントの概要を見失う人は多いです。

しかし、上記の概要を曖昧なままに進めると、試験を受ける際にもずれた回答をしてしまいます。

だからこそ、ここでメンタルヘルスマネジメントについて正しく理解して下さい。

メンタルヘルスマネジメント検定3種の概要を知る

下記を参考に、メンタルヘルスマネジメント検定3種の概要を正しく理解して下さい。

  • メンタルヘルス・マネジメント検定試験は、働く人たちの心の不調の未然防止と活力ある職場づくりを目指して、職場内での役割に応じて、必要なメンタルヘルスケアに関する知識や対処方法を習得していただくものです。
項目内容
受験資格誰でも受験可能
試験実施日 毎年11月/3月頃開催
試験会場全国15都市で実施
試験時間120分
出題形式選択方式
合否判定基準100満点のうち70点(7割)以上で合格となります。

なぜなら、試験の概要を知ることは簡単に合格する為に必要だからです。

例えば上記の図を見て頂いて分かる通り出題形式は選択方式のみで、合格判定基準は7割以上です。

上記が表すことは、本試験の勉強方法は広く浅くの勉強が適しているということです。

適当に正解を選んでも運だけで25%程の得点は取れます。

この様に、試験概要を把握して初めて独学で楽に合格する為の戦略が定まります。

だからこそここで、メンタルヘルスマネジメント検定3種の概要を把握して下さい。

勉強法の詳細については、後程の章にて解説致します。

メンタルヘルスマネジメント検定3種の難易度を知る

メンタルヘルスマネジメント検定3種の難易度は、限りなく0に等しいです。

なぜならメンタルヘルスマネジメント検定(三種)は、年平均で7~8割前後の方が合格しているからです。

加えて、合格に必要な勉強としても、テキストを読書感覚で1日かけて読み終える程度です。

実際に試験を受けた僕の意見としては、試験勉強をするというよりは読書に近い感覚でした。

ですので、メンタルヘルスマネジメント検定3種の難易度は、限りなく0に等しいです。

試験の難易度を理解するだけで、気負わずに受験できます。

合格に必要な勉強時間の目安を知る

合格に必要な勉強時間の目安は、10時間程度です

なぜなら、一般的に本試験の対策として市販されているテキストの多くが、100ページ前後しかないからです。

普段から本を読む方なら、1日で読み終えることができます。

出題科目は下記6つの大分類にわかれており、それぞれ日常生活の延長線で考えることができる内容になっています。

  • メンタルヘルスケアの意義
  • ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
  • セルフケアの重要性
  • ストレスへの気づき方
  • ストレスへの対処、軽減の方法
  • 社内外資源の活用

加えて、他の資格試験のテキストとは異なり、初めて聞く用語の解説が非常に少ないです。

例えば、ストレスに関する項目としては、日常生活の中で感じていることを改めて言語化して説明されるだけです。

ですので、テキスト自体がさらに短くなり、あまり多くの勉強時間がかからないということです。

つまり、合格に必要な勉強時間の目安は、10時間程度で十分です

独学で合格する為に必要な勉強法を知る

独学で合格する為に必要な勉強は、下記の2つです。

なぜ上記だけで独学で合格できるかというと、上記テキストはページ数が多くないにも関わらず、重要ポイント、問題集の内容が充実しているからです。

実際に僕も上記を用いて独学で楽に合格することができました。

具体的な勉強の流れとしては、まずテキストの内容を読書感覚で構わないので一度読破して下さい。

つづいて、問題集の箇所を復習を兼ねて解いてみてください。

その結果、本番の試験の答えが大半理解できます。

いやいや、一度読んだだけで試験の答えがわかるわけないだろと思った方もいますよね。

ですが、ここでメンタルヘルスマネジメント検定は、他の多くの試験とは異なることを理解して下さい。

本試験に合格する為に重要なポイントは、相手の気持ちを理解できるかが重要です。

その際に問題を解くという感覚は必要ありません。

だからこそ、あなたも独学で合格する為に、下記を用いて勉強を始めてみてはいかがでしょうか?

はっきりいって試験難易度が低い為、テキスト選びに時間をかけるよりも一度本を読み切る方が圧倒的に有意義です。

まとめ

最後にいまあなたは、メンタルヘルスマネジメント検定3種に独学で合格する為の5つの対策を知りました。

ですが、ノウハウを知っているだけでは簡単に合格することはできません。

なぜなら道筋を知っているだけでは、一歩たりとも試験合格に近づいていないからです。

テキストを買い、勉強を始めてようやく簡単に合格する為の一歩を踏み出したといえます。

だからこそ、あなたも下記を参考にメンタルヘルスマネジメント検定3種に独学で合格する為の一歩を踏み出してはいかがでしょうか?

メンタルヘルスマネジメントの勉強は、周りの大切な人が困っている時に悩みにより添えるスキルが身につき、誰かを救うきっかけになります。

以上になります。今後とも、当ブログ(Futsuo Blog)をよろしくお願い致します。

  • この記事を書いた人

Futsuo

ニートから一念発起し、複数回の転職(東証一部上場企業含む),投資家,起業家を経験、20代にして1,000万円以上の資産を築いた筆者が、過去の自分と同じように思い悩む人に向けて、ニートでもできる人生逆転のノウハウを発信しています。【資格】証券外務員 日商簿記 FP技能士 メンタルヘルスマネジメント

-心理資格