ブログの始め方

【ブログが上手く書けない初心者必見】記事構成の6つのコツを解説!

2022年8月19日

ブログが上手く書けない初心者でもわかる記事構成の6つのコツを教えて!

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • ブログが上手く書けない初心者でもわかる記事構成の6つのコツ

本記事の信頼性

  • 筆者の実体験を元に執筆されていること。
  • IT系の営業兼企画担当 、IT系エンジニアの経歴。

今回は、【ブログが上手く書けない初心者必見】記事構成の6つのコツについてご紹介していきます。

ブログをうまく書くコツってよくわかりませんよね?

実際僕も、ブログを書き始めた当初はどうやって記事を書けば読者が読みやすい記事になるのかとよく悩んでいました。

ですが本記事の内容を理解し実践することにより、記事構成で悩むことはなくなり、加えて執筆速度も大幅に上がりました。

あなたも内容を理解して真似することで、記事構成のノウハウを得て、スムーズに記事が執筆できるようになります。

3分で読めるのでブログ運営に興味がある方は、最後まで読んでみてください。

ブログが上手く書けない初心者でもわかる記事構成の6つのコツ

ブログが上手く書けない初心者でもわかる記事構成のコツは、下記6つとなっております。

  • ターゲット(記事を読んでもらいたい読者×価値)の想像
  • 読者に読まれるタイトルの選定
  • 記事着地点の決定
  • 序論を執筆し読者に価値を示す
  • 文章構成の技法を用いた本編の執筆
  • 記事の終わりに一番伝えたいことを伝える

なぜなら上記はブログをうまく執筆する上で欠かせない要素となっているからです。

ここからはそれぞれに分け具体的に解説していきます。

ターゲット(記事を読んでもらいたい読者×価値)の想像

ブログを上手く為には、ターゲット(記事を読んでもらいたい読者×価値)を想像して下さい。

なぜならターゲット像が明確に想像できていないと、どれだけ良い記事を書いても誰にも読まれない記事となるからです。

例えば20代独身男性(読者)に向けて、子育てに最適な住みやすい街(価値)を紹介しても記事は読まれません。

それはターゲットの想定を間違えているからです。

20代独身男性には一人ぐらいでも住みやすい街を紹介をするべきです。

上記は極端な例ですが、些細なターゲット像のずれが、記事執筆に入ると徐々に広がり最終的に誰に向けて書いたか分からない記事が完成します。

だからこそ、記事執筆前にターゲット像をある程度想定しておくことは非常に重要です。

読者に読まれるタイトルの選定

読者に読まれるタイトルを選定して下さい。

なぜなら読まれる記事を執筆することと、タイトルを選定することは非常に密接な関係となっているからです。

事実ブログ記事が読まれるかどうかは、SEOという要素に左右されており、タイトル選定の段階でほとんど決まります。

ですので、SEOを用いたタイトル選定について詳しくない方は、下記を参考にしつつ読まれる記事になるタイトルを選定して下さい。

記事着地点の想定

タイトルに合わせて記事着地点を想定して下さい。

なぜならタイトルを決めた段階で、記事の着地点が見えていないといけないからです。

どういうことかというとタイトルはその記事の全てであり、タイトルで書いていることを読者は求めて記事に訪れます。

にもかかわらず記事の途中で徐々に全く異なる方向性に進んでいくと読むのを辞めてしまいます。

例えばこの記事の途中で、ブログのデザインの話を始めたら読む気がなくなると思います。

つまりタイトルを選定した段階であなたが書くべきことは、ほとんど決まっているということです。

ですので、タイトルに合わせた記事の着地点を今一度想定して下さい。

序論を執筆し読者に価値を示す

序論を執筆し読者に価値を示して下さい。

序論とは本記事でいう冒頭の部分です。

なぜなら読者に価値を示さない限り、誰にも読まれない記事となるからです。

具体的にいうと先程までは、あなた自身がスムーズに記事を執筆する為に必要な要素でした。

ですがここからは、あなた自身で想定したターゲット像や着地点を読者に示し、価値が提供できることを証明する必要があります。

読者はネット上に様々ある記事の中からこの記事は読む価値があるのか瞬時に判断しています。

その際に判断基準となるのが、タイトルと冒頭の序論です。

この部分が、読者の想定とずれていると判断された場合は、本文が読まれません。

だからこそ本記事の冒頭文を参考に、序論を執筆し読者に価値を示して下さい。

文章構成の技法を用いた本編の執筆

文章構成の技法を用いて、本編の執筆を行って下さい。

なぜなら人が読みやすい文章の方というものはすでに判明しており、その構成で文章を執筆することが読者にとってもあなたにとっても一番良い選択だからです。

具体的な方法としてはいくつかあるのですが、今回は初心者でも一番わかりやすいPREP法をご紹介します。

実際僕自身も下記技法を用いて記事を執筆しているのですが、知る前と比べて記事完成までのスピードが雲泥の差でした。

  • 結論(Point)
  • 理由(Reason)
  • 具体例(Example)
  • 結論(Point)

上記をより詳しく説明する為に、本章(文章構成の技法を用いた本編の執筆)に一度注目して下さい。

本章の冒頭は、文章構成の技法を用いて、本編の執筆を行って下さい。で始まっています。

この冒頭の部分が結論(Point)であり、本章で一番伝えたい部分になります。

続いて、なぜなら,,,で始まっている文章が、理由(Reason)の部分です。

この部分を伝えることで、結論(Point)に説得力を持たせています。

加えて、具体的な方法,,,で始まっている文章が、具体例(Example)であり、なぜならの部分をより深堀しています。

そして最後に改めて一番伝えたいこと結論(Point)で締めます。

このような文章構成を行うことで、読者にとってもあなたにとっても一番スムーズに飲み込める文章が完成します。

逆にいうとこの文章で構成されていない文章は、非常に読みずらいです。

だからこそ文章構成の技法を用いて、本編の執筆を行って下さい。

これから当面の間は、文章を読む際に上記を意識してみて下さい。文章力が大幅に上がります。

記事の終わりに一番伝えたいことを伝える

記事の終わりに一番伝えたいことを伝えて下さい。

なぜなら読者の心に一番残るのは、記事の締めくくりの部分だからです。

例えば本記事で紹介した6つのステップのうちどれかは既に忘れていると思います。

それは人間にはできることや覚えられることに限りがあり、記事の文章が長ければ長いほど、冒頭で話した部分は忘れるからです。

ですので、記事の終わりに一番伝えたいことを伝えることで読者によりいっそう印象深く伝えたいことを覚えてもらいます。

ちなみに本記事の裏テーマは、最終的にSEOや収益化について学ぶことの大切さを知ってもらうことを想定しています。
先に本記事の締めくくりについて話してもよくわからないと思うので、頭の片隅にでも置いていて下さい。

最後に本章をまとめると、上記6つの記事構成のコツを用いて、ブログ執筆に役立ててみて下さい。

まとめ

最後にいまあなたは、ブログが上手く書けない初心者でもわかる記事構成の6つのコツを知りました。

ですが記事構成のコツを知っているだけでは、ブログのノウハウが十分とは言えません。

なぜならせっかくブログを運営していくならば収益化を目標とすべきであり、収益化にはまだまだ知るべき要素があるからです。

例えばSEOや収益を上げる為のノウハウなどはさいたる例です。

これらを知って初めて、本当の意味で記事構成に重要なターゲット想定のコツなどがマスターできます。

だからこそあなたも下記を参考に、収益化やSEOについて学んでみてはいかがでしょうか?

仮にブログが読まれることだけを目標にしていたとしても、集客のノウハウは学ぶべきです。

Webサイト起業(副業)を始めたい方はこちらをクリック!

以上になります。今後とも、当ブログ(Futsuo Blog)をよろしくお願い致します。

  • この記事を書いた人

Futsuo

ニートから一念発起し、複数回の転職(東証一部上場企業含む),投資家,起業家を経験、20代にして1,000万円以上の資産を築いた筆者が、過去の自分と同じように思い悩む人に向けて、ニートでもできる人生逆転のノウハウを発信しています。【資格】証券外務員 日商簿記 FP技能士 メンタルヘルスマネジメント

-ブログの始め方